ようこそ守山市民ホールへ

公共交通機関で

公共交通機関をご利用の場合

京都・大阪方面から

◎JR琵琶湖線(東海道本線)上り、「野洲行」「米原行」「長浜行」等に乗車し「守山駅」にて下車。

長浜・米原方面から

◎JR琵琶湖線(東海道本線)下り、京都・大阪方面に乗車し「守山駅」にて下車。

守山駅からの移動

◎守山駅西口のりばより「杉江循環線」もしくは「守山市民ホール行き」にご乗車いただき「守山市民ホール前」にて下車。
(徒歩の場合:約30分、バス利用の場合:約7~18分)

路線バス時刻表

守山駅からの時刻表(近江鉄道のページへ)

公共交通機関ご来場されるお客様へお願いです

●時間には余裕を持ってご来場下さい。
●JR守山駅よりの移動に際して、臨時バスや路線バスは、それぞれ時間が定められています。時間に遅れない様にお願いします。
●なお、公共交通機関のトラブル(ストライキ、事故・自然災害等による遅延・運転中止等)により、イベント・競技・コンサートの時間に間に合わなくなった場合等についても、事業団は一切の責を負いません。

近日開催のイベント

7月
16
2:00 PM 音楽の扉 Room No.003 [ Piano × V... @ 守山市民ホール・小ホール
音楽の扉 Room No.003 [ Piano × V... @ 守山市民ホール・小ホール
7月 16 @ 2:00 PM – 4:00 PM
音楽の扉 Room No.003 [ Piano × Voice ] @ 守山市民ホール・小ホール
音楽の扉 Room No.003 [ Piano × Voice ] 守山市出身のジャズピアニスト「加藤景子」が様々なジャンルのアーティストをゲストに迎えてお届けするコンサート。 加藤景子による楽曲のアレンジにも注目! 会場 守山市民ホール・小ホール 時間 13:30開場/14:00開演 出演 ・加藤 景子(ピアノ) ・SUITE VOICE ・金井塚 秀洋(ドラム) ・佐藤 有介(ベース) 料金 全席指定(税込)3,000円 予定プログラム ・調整中 取扱プレイガイド ・守山市民ホール・・・077-583-2532 好評発売中 備考 ※未就学児童の入場はご遠慮願います。 ※出演者・時間・プログラム等は事前予告なしに変更になる場合があります。予めご了承願います。 臨時バス 臨時バスの運行はございません。
7月
19
2:00 PM early afternoon vol.017 @ 守山市民ホール・正面玄関ロビー
early afternoon vol.017 @ 守山市民ホール・正面玄関ロビー
7月 19 @ 2:00 PM – 3:00 PM
early afternoon vol.017 @ 守山市民ホール・正面玄関ロビー
early afternoon vol.017 エンジョイ!アフリカンミュージック 南アフリカ出身のマリンバ奏者”ジョゼフ・ンコシ”率いる NKOSHI AFRICA(ンコシ・アフリカ) がやってくる! 手作りのマリンバが奏でる優しい音や、体に響くアフリカンドラムのリズムで大人も子どももハッピーに!ジェンベの体験コーナーもあります! 会場 守山市民ホール・正面玄関ロビー 時間 14:00開演 出演 ジョゼフ・ンコシ(マリンバ、ジェンベ) 河辺知美(マリンバ、ジェンベ) 入場料 鑑賞無料 ※皆様お誘いあわせの上お気軽にご来場ください。 予定プログラム ・ショショローザ(がんばろう) ・ママリエ(おかあさん、ありがとう) ・パタパタ(みんなで踊ろう) ほか 備考 ※出演者・時間・プログラム等は事前予告なしに変更になる場合があります。予めご了承願います。 ※写真撮影・録音等、著作権・肖像権を侵害する行為は禁止いたします。
7月
28
2:00 PM もりやま市民カレッジ2018 第1講 @ 守山市民ホール・大ホール
もりやま市民カレッジ2018 第1講 @ 守山市民ホール・大ホール
7月 28 @ 2:00 PM – 4:00 PM
もりやま市民カレッジ2018 第1講 @ 守山市民ホール・大ホール
第35回守山市民教養大学 もりやま市民カレッジ2018 第1講 会場 守山市民ホール・大ホール 時間 13:15開場/14:00開講 講師 作家 林 真理子 演題 「私の仕事から」 特別コンサート 作曲家・ピアニスト 富貴ふうき 晴美はるみ 料金 全席指定(税込) 全5講座セット料金 10,800円 ※全日程同じ座席番号となります。 単独受講料金 2,980円 ※単独チケットの座席は最後列となり、限定100枚の販売となります。 取扱プレイガイド ・守山市民ホール ・・・ 077-583-2532 入場制限 未就学児童の入場はご遠慮願います。 発売日 全5講座セット = 好評発売中 単独受講 = 6月17日(日)10時発売開始 ※単独チケットの座席は最後列となり、限定100枚の販売となっております。 備考 ※写真撮影・録音等、著作権・肖像権を侵害する行為は禁止いたします。 ※予定している講師が急病等により急遽講演が不可能になった場合、日程の変更及び代理講師による講演を開催する場合があります。なお、それに伴う受講料の返金等は行いませんので、予めご了承願います。 ※予定している「時間・内容・講師・料金」等々は事前予告なしに変更になる場合があります。 臨時バス 重要事項(必ずお読みください) ・講演当日(7月28日)は、駅前イベント開催予定のため、臨時バスの運行はJR守山駅東口よりとなります。発車時刻は12:50、13:20となっており、通常より所要時間を要すると予想されるため、お時間に余裕を持ってのご来場に、ご理解とご協力くださいますようお願い申し上げます。 7月28日の臨時バス詳細 発着場は「JR守山駅東口3番のりば」を予定しております。 運行時間は12:50、13:20。(臨時バス/有料) 守山市民ホール発⇒JR守山駅着  公演終了後所定の乗り場より運行 / 有料 ※発着本数には制限がございます。 ※当日状況等により、臨時バスではなく路線バスをご案内する場合がございます。その場合、予定時間の発着にはなりませんので予めご理解・ご協力をお願いいたします。 もりやま市民カレッジ2018 第1講 林真理子(作家)/【特別コンサート】富貴晴美ふうきはるみ(作曲家・ピアニスト) 第2講 片岡鶴太郎(俳優・画家) 第3講 井村雅代(一般社団法人井村シンクロクラブ代表理事、シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ) 第4講 コロッケ(ものまねタレント) 第5講 杉良太郎(歌手・俳優、法務省 特別矯正監、外務省 日越特別大使/日・ASEAN特別大使、越国外務省 越日特別大使、厚労省 肝炎総合対策推進国民運動特別参与)
  • twitter

PAGETOP
Copyright © 守山市民ホール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
加藤 景子/ Keico Kato(ピアノ)

 守山市出身、幼少より電子オルガンを始める。石山高校音楽科、国立音楽大学応用演奏学科卒業。ジャズピアニスト、作・編曲家。
 ピアノソロや他楽器とのコラボレーションでコンサート活動を展開。ニューヨークのカーネギーホールでも演奏する。近年はクラシックとジャズを融合させたオリジナルのアレンジを多数発表して好評を博している。また「TUBE」や「JERO」を始め多くのアーティストのサポート演奏も務める他、レコーディングやTV番組の収録等にも参加。2010年、活動の拠点をニューヨークに移し、多くのミュージシャンと共演。ジャズ、ゴスペル、ファンク等、本場の空気とリズム感、パッションに感銘を受け2014年帰国。クラシックの音楽の祭典ラ・フォル・ジュルネに異例のジャズピアニストとして出演するなど多岐に渡って活動する傍ら、後進の指導にも情熱を注いでいる。地元の守山では、毎年ルシオール アートキッズ フェスティバルに参加している。

SUITE VOICE

 舞台を中心として活動していたメンバーが、声を重ねる世界に魅了され、グループは動き出した。マンハッタントランスファーをリスペクトし、勝手にカバーしていたことがひとつの運命の糸をたぐりよせ、2005年、キングレコードからアルバムデビューを果たす。
 現在までに6枚のアルバムをリリース。楽曲に宿るドラマ性に目を向け、年齢や性別を越え、聞く人の心を捉えるパワーが持ち味で幅広い声域を武器にしたパフォーマンスはダイナミック且つ温か。
 2016年春より、声を重ね合わせる楽しさを沢山の方と共有すべく、『SUITE VOICE コーラス部』 を立ち上げ、現在、東京・大阪・福岡・新潟で活動中。

金井塚 秀洋 / Hidehiro Kanaizuka (ドラム)

 1966年高崎市生まれ。高2でドラムに、大学でジャズに触れ 卒業の頃からジャズドラマーを目指す。 小山太郎氏に約2年間師事。曖昧な知識と不確かな経験値を頼りに暗中模索する日々を経て、現在も試行錯誤継続中。 音楽を通して自分を、人間を学ぶ面白さに目覚め 日々成長する事を目指して奮闘中。横浜ジャム音楽学院講師。

佐藤 有介 / Yuusuke Satoh (ベース)

 1977年、大分県生まれ。広島大学総合科学部修士課程修了。哲学を学ぶ。ジャズミュージシャンを志し、東京に移住。音楽活動をはじめる。オーソドックスなジャズ演奏に親しみながらも、枠にとらわれない、自由な活動を展開。
作詞、作曲も手がける。坂田明、Jammin’ Zeb(ジャミンゼブ)など、共演者多数。

林 真理子

昭和29年(1954)4月1日、山梨県に生まれる。昭和51年(1976)日本大学芸術学部文芸学科を卒業。
コピーライターを経て、昭和57年(1982)エッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』を出版。昭和59年(1984)処女小説『星影のステラ』が直木賞候補に選出されたことを機に、執筆業に専念。
昭和60年(1985)『最終便に間に合えば』『京都まで』により第94回直木賞を受賞。平成7年(1995)『白蓮れんれん』により第8回柴田錬三郎賞を受賞。平成10年(1998)『みんなの秘密』により第32回吉川英治文学賞を受賞。平成12年(2000)直木賞選考委員に就任。他、数々の文学賞の選考委員を務める。平成23年(2011)レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章。
【著書】
『ミカドの淑女』『女文士』『幸福御礼』『不機嫌な果実』『着物をめぐる物語』『年下の女友だち』『anego』『アッコちゃんの時代』『ウーマンズ・アイランド』『グラビアの夜』『RURIKO』『下流の宴』『本朝金瓶梅』『秘密のスイーツ』『桃栗三年美女三十年』『アスクレピオスの愛人』『六条御息所源氏がたり』『野心のすすめ』『正妻』『出好き、ネコ好き、私好き』『フェイバリット・ワン』『大原御幸』『STORY OF UJI』『マイストーリー私の物語』『ビューティーキャンプ』『私のスポットライト』『中島ハルコはまだ懲りてない!』『賢女の極意』『下衆の極み』『我らがパラダイス』『西郷どん!』等。

富貴 晴美(ふうき はるみ)

1985年6月4日生。大阪府出身。作曲家・編曲家、ピアニスト。国立音楽大学作曲専攻、首席卒業。同大学院卒業。
小さい頃からの夢は映画音楽作曲家になること。
大の映画好きで暇があれば 映画を見続けています。
4歳からピアノ、12歳から作曲を始める。
【受賞歴】
・TIAA全日本作曲家コンクール 入賞
・パーカッションミュージアム作曲コンクール 第2位
・「太陽を背負う月」で日本現代音楽協会主催2009年第26回現音作曲新人賞 第1位受賞
・第36回、第39回、第41回日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞
【主な作品】
映画「嘘を愛する女」(中江和仁監督作品2018年公開予定)
映画「嘘八百」(武正晴監督作品2018年公開予定)
映画「不能犯」(白石晃士監督作品2018年公開予定)
映画「関ケ原」(原田眞人監督作品2017年公開)
NHK連続テレビ小説「マッサン」(2014年10月期)
NHK大河ドラマ「西郷どん」(2018年)
NHKドラマ10「シングル・マザーズ」(2012年10月期) 「お母さん、娘をやめていいですか?」(2017年1月期)
その他CM音楽等多数。