守山市指定文化財史跡

諏訪家からのお知らせ

令和4年度 第1回 手しごと教室のお知らせ

令和4年度 第1回 手しごと教室 6月10日(金)9:00~12:00 【コースター作り】 持ち物:かぎ針 3号 参加費:400円(材料費) 今年度、諏訪家では『手しごと教室』を5回開催予定しています。 第1回目は夏糸を …

5月2日(月)、5月6日(金)は休館します。

5月2日(月)、5月6日(金)は祝日の振替として休館させていただきます。 ご来館予定のお客様、ご注意ください。 また、5月の開館日等の予定を掲載します。お越しになられる際はご確認ください。

5月5日(木)道路交通状況について

5月5日(木)地元の祭りは中止になりました。交通規制は解除されますが、大庄屋諏訪家屋敷にお越しの際は事故などにお気をつけください。

諏訪家の歴史

諏訪家に残る系図によると、諏訪家は永正(えいしょう)年間(1500年ごろ)に諏訪左近将監長治(さこんしょうげんおさはる)(小笠原貞朝次男の弟)が信州より来たことに始まると伝えられていますが、確かなことは分かっていません。諏訪家のことがはっきり分かるようになるのは、江戸時代に入ってからのこととなります。諏訪家がある赤野井村は元和9年(1623)に成立して幕末まで存続した淀藩(よどはん)の近江国内での飛び地領地でした。諏訪家は淀藩領で「大庄屋」をつとめ、代々農民の指導者となってきました。明治維新後、諏訪家当主諏訪安明(やすあき)は、大津県に続き滋賀県に出仕し、その後、初代野洲郡長となり、その子安敬(やすたか)も玉津村長に選任されるなど、地方自治にも功績を残しています。(守山市HPより転記)

諏訪家屋敷 見どころ

PAGETOP
Copyright © 大庄屋諏訪家屋敷 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP