守山市指定文化財史跡

諏訪家からのお知らせ

大庄屋諏訪家屋敷で新春書き初め大会

日時 :令和4年1月6日(木)9:30~12:00 時間内いつでも自由にお越しください。 場所 :大庄屋諏訪家屋敷  対象 :4歳以上・小・中・高生・一般 小学生以下のお子さんは保護者同伴で参加してください。 募集人数: …

諏訪家屋敷で伝統のみそ作り講座

日本の食文化に欠かせない発酵を利用した調味料『味噌(みそ)』は昔から引き継がれてきた醸しの食文化。 寒い季節ならではのみそ仕込みを『大庄屋諏訪家屋敷』で体験してみませんか。 日時  :令和4年1月30日(日) ①13:3 …

大庄屋諏訪家屋敷1月催し物の予定

大庄屋諏訪家屋敷で開催される様々な催し物をカレンダーでご案内します。

諏訪家の歴史

諏訪家に残る系図によると、諏訪家は永正(えいしょう)年間(1500年ごろ)に諏訪左近将監長治(さこんしょうげんおさはる)(小笠原貞朝次男の弟)が信州より来たことに始まると伝えられていますが、確かなことは分かっていません。諏訪家のことがはっきり分かるようになるのは、江戸時代に入ってからのこととなります。諏訪家がある赤野井村は元和9年(1623)に成立して幕末まで存続した淀藩(よどはん)の近江国内での飛び地領地でした。諏訪家は淀藩領で「大庄屋」をつとめ、代々農民の指導者となってきました。明治維新後、諏訪家当主諏訪安明(やすあき)は、大津県に続き滋賀県に出仕し、その後、初代野洲郡長となり、その子安敬(やすたか)も玉津村長に選任されるなど、地方自治にも功績を残しています。(守山市HPより転記)

諏訪家屋敷 見どころ

PAGETOP
Copyright © 大庄屋諏訪家屋敷 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP